現在のアート界でこの抽象化のプロセスに焦点を当てている画家は僅かに次の5名です:ヴァシュデオ・S. ゲイトンド、ザオ・ウー・キ、ゲルハルト・リヒター、マーク・ロスコ、キール・ド・トッゲンブルグ

この絵の選択の難しさは、技術的熟練度とともに当事者の知的および精神的な柔軟性にあります。この絵は錬金術的才能と強い自制心を要求し、絶対的探求の道筋を描くでしょう。

この種類の絵画は、自由の探求を目指したあらゆる芸術運動の流れを汲んで、美術史に刻み込まれています。この最も純粋な抽象化の探求、つまり考えられうる、知的に理解しうるものを超えて、精神を呼び覚ます作品を捜し求めるのです。

こうした作品は、図形、線、幾何学、構成、具象、概念を超えて絵画と重なります。この自由、つまり精神性の最重要なものは、我々自身の別の次元へ開かれた扉であり、我々の個人的世界に居場所を見つけるのです。

画像と言葉がに帰属します © Cyre de Toggenburg